Secure SketCH_評価画面

シンプルかつ継続可能なセキュリティ対策を実現するために必要な機能を集約

セキュリティ業務における担当者のお悩みはSecure SketCHを使って解決できます。

Secure SketCHを利用することで専門家のナレッジを手軽に活用でき、効率的な「セキュリティ管理」を実現します。
企業の「セキュリティ対策の実行」を支援するための便利な機能を取り揃えたプラットフォームです。

無料で使える「基本機能」

無料で使える「基本機能」

FREE / STANDARD / GROUPS

企業のセキュリティ対策状況の評価・管理に必要な基本的な機能です。
対策状況を評価して「現状を把握」、得点シミュレーションで「目標設定」、ベストプラクティスを参考に「対策を実行」、対策状況を更新して再評価、というセキュリティ対策実行サイクルのあらゆるフェーズで担当者を支援します。

対策状況評価・可視化

対策状況評価・可視化

シミュレーション

シミュレーション

ベストプラクティス確認

ベストプラクティス確認

対策状況評価・可視化

セキュリティ対策状況を”定量的”に可視化。偏差値や他社平均も分かるので他社と比較した自社の”ポジション”を把握できる。
戦略/組織/技術/有事対応 の4つにカテゴライズすることで、弱いところがひと目でわかる。

Secure SketCH_評価

シミュレーション

対策を実施した場合の得点シミュレーション機能を提供。専門家が設定した各対策の”優先度”を確認して、効率的な対策実施の目標を設定できる。

Secure SketCH_シミュレーション

ベストプラクティス確認

専門家の知見に基づく各対策のベストプラクティスを掲載。対策実行時に参考にすることで何をどのようにすればいいかわかる。
対策を実行しない場合に想定されるリスクも把握でき、対策未実施の場合の影響把握に利用できる。

Secure SketCH_ベストプラクティス表示

網羅的かつ最新の対策設問

Secure SketCHの評価項目は国内外の各種ガイドラインを”最大公約数”的に集約。業種や企業規模を問わずに網羅的に評価可能。
最新の動向を分析し、年に一度対策項目と得点ロジックを更新。ガイドラインのアップデートにも対応し、刻々と移り変わるサイバー脅威に合わせて進化を続ける。

image02

その他の基本機能

繰り返し何度でも

繰り返し何度でも

対策状況を更新するとその場でスコアを再計算。いつでも何度でも更新できるので最新の対策実施状況を管理できる

複数人で使える

複数人で使える

アカウント招待と権限付与機能を提供。ステークホルダーがいつでも同じ情報にアクセスできる

セキュリティ

セキュリティ

ユーザ側で設定可能なセキュリティ強化策を完備。2要素認証や接続元IPアドレス制限機能を追加で利用することでより安全に利用できる

セキュリティレベルが得点や偏差値でわかります。まずは無料で評価してみましょう

新規登録

image03

より高度な分析・担当者の負荷削減に必要な「プレミアム機能」

STANDARD / GROUPS

基本機能に加えて、ステークホルダー向け報告にも便利な高度な分析機能を備えています。
これまでの報告・調査・情報収集といった業務を支援し、担当者の負荷を軽減します。

企業属性別分析

企業属性別分析

ガイドラインチェック

ガイドラインチェック

action_plan_blue

対策計画

レポート出力

レポート出力

企業属性別分析

比較したい企業の「業種/売上規模/従業員規模」を選択し、絞り込んだ属性の企業の他社平均と偏差値を表示。
同業種・規模の企業のセキュリティレベルが把握できる

Secure SketCH_企業属性別分析

ガイドラインチェック

国内外の各種セキュリティガイドラインとSecure SketCHの評価項目を紐付け。ガイドラインの遵守状況をチェックできる。ガイドライン改訂の際はアップデートされるので、自社で改訂差分を確認する負荷が下げられる。
※NIST Cyber Security Framework 1.1、経済産業省 サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver 2.0、CIS Controls V7.1、情報セキュリティ管理基準  (2019年6月現在)

Secure SketCH_ガイドラインチェック

対策計画

対策状況に基づく、セキュリティ対策実行のロードマップ案を表示。
ロードマップ通りに対策を実施した場合の得点の推移をタイムラインで確認できる

Secure SketCH_対策計画

レポート出力

「評価結果サマリ/タイムライン/変更履歴/対策優先度TOP5をレポート形式で出力。タイトルとコメントを自由に記述して定期的な報告に使える。
比較対象を「企業属性別」に絞り込んだ結果も掲載可能。

Secure SketCH_レポート出力

その他のプレミアム機能

得点タイムライン表示

得点タイムライン表示

過去2年間の「得点/他社平均/偏差値」の数値の推移をグラフで表示。期間中のセキュリティレベルの変動が“ひと目”で確認できる

多言語切り替え

多言語切り替え

英語切替機能を標準搭載。利用者毎に言語を選択できる

コミュニケーション

コミュニケーション

対策に紐づく情報に関するメモとコメント機能を整備。方針のメモや、担当者のコメントを時系列で残すことで情報を一元的に管理できる

より高度な分析・担当者の負荷削減に。プレミアム機能の資料ダウンロードはこちらから

資料ダウンロード

グループ会社やサプライチェーンの セキュリティリスクを一元管理 「グループ機能」

グループ会社やサプライチェーンのセキュリティリスクを一元管理「グループ機能」

GROUPS

企業の国内・海外拠点やグループ会社、さらに外部委託先等のサプライチェーンまでを範囲に含めた情報セキュリティ対策の状況を評価し、継続的に一元管理可能な機能を提供します。

統合ダッシュボード

統合ダッシュボード

統合ダッシュボード

グループ全体、またはサプライチェーンのセキュリティ対策状況を一元管理。回答各社の対策状況の更新はリアルタイムに反映されるため、継続的な管理ができる

Secure SketCH_統合ダッシュボード

その他のグループ機能

設問カスタマイズ

設問カスタマイズ

Secure SketCHの設問のカスタマイズも可能。グループ会社やサプライチェーンを対象にしたリスク評価をこれまで実施してきた企業も、Secure SketCHで調査ができる

多言語サポート

多言語サポート

日本語のほか英語でも対応。グローバルなセキュリティ対策状況評価ができる

グループやサプライチェーンを一元管理。グループ機能の資料ダウンロードはこちらから

資料ダウンロード

オプション

追加で利用可能な機能やSecure SketCHをさらに使いこなすためのサービスを提供します。

SecurityScorecard連携

SecurityScorecard連携

外部セキュリティスコア自動算出機能で、Secure SketCHの設問回答による、社内従業員視点で実施する”内部評価”に加えて、社外(インターネット上)の攻撃者の視点で実施する“外部評価”の結果が点数(スコア)として自動的に算出され、毎日更新されます。

プロフェッショナル支援

プロフェッショナル支援

NRIセキュアのセキュリティ専門家がSecure SketCHを使った評価から対策実行までを支援します。